<   2010年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

松本の中山は、松本市の東南の山、鉢伏山の裾野に広がる地域です。
標高が650メートルくらいある市街地からさらに100メートル以上は登るので、高原の農村、というおもむき。
松本市街との間に標高830mの「中山」があるので市内とは少し隔絶された感じがなんとも良いのです。
地元の人は暑いと言いますが、さすが中山は少しましです。
f0235097_12114591.jpg

中山太鼓連は、地域の青年を中心に、地域の中で活動している古い歴史のある太鼓チームです。
タツヤが「おやこユニット?」を指導しています。
f0235097_12113725.jpg

この練習場は、太鼓連の手作りです。
メンバーの中には建築関係の人も居るのです。
天井をよく見てください。
畳が張ってあります。防音のためです。
メンバーには畳屋さんがいるのです。
夜遅くまで練習。名古屋に戻ったら次の日になっています。

neko
[PR]
f0235097_1151790.jpg まつよう太鼓クラブの練習です。
まつよう、長野県立松本養護学校の放課後の活動の一つに太鼓があります。
これを指導しているのは、タツヤとショウタ。

f0235097_1152764.jpg今日も暑いです。
学校内の発表を控えて、いっそう熱が入ります。一曲見事にとおしました!

ねこ
[PR]
f0235097_23283196.jpg
志多らの生活と稽古の場です。
山間の狭い場所に立てられた廃校になった小学校です。
都会のGONNAの面々にとっては、うらやましくも思える環境の良さ。
でも、コンビニは?一番近い駅は?郵便だってどこで出すの?
みたいな心配が、、、、
音楽も生活も環境も真逆のGONNAと志多ら。
この二つが一緒に演奏するって、面白い!って思うんですよ。
f0235097_2328396.jpg
東薗目小学校だったんです。
地域の人の思いを背負って太鼓打っているんでしょうね、、、
f0235097_2328475.jpg
まだ、廊下の壁には、こんなものが残っていました。
それに、「先生」「かよ」「まさや」、、、って何のための表示だったんでしょう。
ここで若い人たちが、いま未来に向かって太鼓を打っているんだと思うと、志多らのやってきた21年ってすごいなあ、って思いました。

ねこ
[PR]
同じ愛知県に拠点を置く「志多ら」さんと合わせ稽古です。
岡山県で行われる「国民文化祭」の和太鼓の祭典のゲストに、わたしたち2チームがお招きいただいているのです。
f0235097_1346475.jpg
岡山の国民文化祭は10月30日。
出場する30チーム以上の和太鼓のみなさんとの合同演奏曲をタツヤが作りました。
その初合わせ稽古です。
f0235097_1347469.jpg
平胴、長胴、締めは互いにひとりづつ担当しているんですが、はじめから息のあった演奏です。
f0235097_13471221.jpg
山のなか、窓を開け放っての練習。蚊トリが欠かせない。
f0235097_13472429.jpg
山の中だと思っていたけど、暑い!
f0235097_13473314.jpg
気合いがはいってます。
f0235097_13494890.jpg
タッチャンは指揮に専念、エイコは鳴り物担当。
f0235097_14114180.jpg
最後に一緒に演奏するチームに送るDVDのために録画。
f0235097_1415998.jpg
めでたく記念撮影。お疲れ様でした。

neko
[PR]
OTAIKOは、午後の日差しのキツイ時から、高校生の太鼓コンテストが始まります。
GONNAの多治見公演にこぞってきていただいた「麗澤瑞浪高校」が準優勝に輝きました。
f0235097_2136714.jpg
麗澤の演奏。
太鼓の音の出し方がとても良く、初めて打つ大太鼓も柔らかなな深い音でしっかりとでていました。
フォーメーションにも工夫があって「一等賞じゃない?」と思っていたんですが、地元福井農林高校太鼓部が優勝。

そんな緊張のステージの後、なんと、豆腐の早食い大会。
f0235097_212748100.jpg
立ち上がって食べている人はもしや?
そうなんです、エイコです。
隣の人はまだ2杯目なのに、エイコはすでに5杯目!
f0235097_21235155.jpg
そして、女子の部優勝です。
どうよ、このガッツポーズ!どんなことにも全力で向かう!
これがGONNA精神だ!(アア、、、)
盛り上げるためには身体を張る!見上げた根性ですよ。
f0235097_2124063.jpg
さて、オタイコの最後はOTAIKO座明神。
素晴らしい演奏でした。
太鼓にシンセ、ヴォーカル、ハープ(舞台右端)を入れた意欲的な演奏でした。
そうそう、福井県はハープの世界的なメーカー「青山ハープ」があります。マリンバの世界的なメーカー「こおろぎ」も福井。
福井はスゴイ!(岐阜だって、世界のギター、ヤイリがありますが、)
f0235097_2124934.jpg
フィナーレは出演者が舞台に。
後ろの段に明神のみなんさん、前列右から打打打団、高津神楽のみなさん。そして左端にGONNAです。
実行委員長の挨拶。このイベントを支えている人たちに感謝です。
f0235097_21275689.jpg
会場内には屋台が並んでいます。
人人人、、、、
f0235097_2128374.jpg
GONNAのグッズも売られています。
ここでも、先頭切って奮闘するエイコ!結構売れました。
f0235097_2125051.jpg
夜も更けて、打ち上げです。
おなじゲスト出演の打打打団天鼓、高津神楽のみなさん、明神と実行委員会のみなさんとパチリ。
この後の2次会で深夜(早朝)まで盛り上がりました。

neko
[PR]
OTAIKOでのベストショットです。
f0235097_1201793.jpg
「地響」のたつや。
f0235097_1241619.jpg
やはり「地響」のときのエイコ。
f0235097_120124.jpg
「マグマ」のサダ。

ネコ
[PR]
f0235097_1653174.jpg
21年目を迎えた太鼓フェスティバル「O・TA・I・KO響」に出演させていただきました。
歴史ある太鼓の祭りにでれられて光栄です。
f0235097_16454227.jpg
めいほうの大観客で少しは慣れてきたかと思いきや、和太鼓の渦のなかにはいって別のプレッシャーが、、、、
でも、熱演に大きな拍手をいただきました。
f0235097_16451165.jpg
「笑い鳥」
いきなりのサンバに観客も、なかば??
f0235097_16453316.jpg
芝生の観客席は満員!
昼間の暑さが残るなか、観客も熱も高まる一方。
f0235097_16451874.jpg
お月様が顔を出しました。

ねこ
[PR]
f0235097_2237019.jpg
オタイコヒルズの夜。
前日のリハーサルも終了して、テクニカルスタッフが最後の調整をしています。
音響さんは、GONNAにはおなじみの岐阜のサウンドメーカーさん。
めいほうの時もGONNA付きの音響さん「EVO」さんだったので、スゴク安心して演奏できたのですが、こういうアウェイな現場では強力なサポーターにであった気分です。
f0235097_22371068.jpg
翌朝8時半から楽器セット、音響チェック、リハーサルです。
すでに夏の太陽がまぶしく輝いています。
f0235097_22371926.jpg
ストレッチするさだ。
後ろのほうで、ボランティアの進行係さんが太鼓の位置をバミってくれています。
OTAIKO響のボランティアスタッフが300人!旧織田町の人口5000人ですから赤ちゃんご老人をのぞけば、おそらく10人に一人はこのイベントのために働いているのです。
f0235097_2249183.jpg
舞台用花火を仕込んでいる特効(とっこう)さん。
なかなか趣向こらしたフェスティバルのようです。夜の盛り上がりを予感できます。
f0235097_235723.jpg
リハーサル中のユースケ。
芝生の上で高校生が座って聴いています。
そばで話を聞いていると「これって、ゴナ?、え?ガナ?これ?」

ネコ
[PR]
10月23日から26日の4日間上海万博日本館イベントステージで演奏します。
それに使う太鼓を浅野太鼓さんからレンタルします。
オタイコヒルズの前日に石川県白山市の浅野太鼓さんによりました。
f0235097_21284549.jpg

10月の演奏なのに、いまから?
そうなんです、ひと月前には万博の倉庫に入れて、害虫が混入していないかなどのチェックだそうです。
船便、通関などを入れて2ヶ月前の名古屋港への搬入なんです。

ネコ
[PR]
明日の「オタイコ響け」の出演のため、今日から福井県へ行ってきます。

この行き帰りに、石川県の浅野太鼓さんと福井県のこおろぎ社さん、によって、
上海万博のためにおかりする楽器を取りに行く予定。
いつもより、楽器がおおくなるため、キャラバンにも楽器を詰め込まないといけません。

f0235097_1257321.jpg


練習より汗かいてます!


GONNAスタッフ Y
[PR]